子供2人難関国立大に合格🌸の親がその手法を伝授します

難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ

受験全般

東京外国語大学対策のオススメ問題集

投稿日:

娘は前期試験で東京外国語大学の国際社会学部に合格しました。

前期の試験科目は、英語と世界史Bでした。
外語大は、センター試験では4教科5科目、前期試験では英語と社会(世界史など)の2科目です。

国立といえば5教科7科目が普通ですが、外語大は試験科目が少なめで、数学は1種類のみでOKです。数学が苦手、はっきり言って高3の初めは英語だけが得意な娘でしたが、受験科目の選択がうまくいき、合格することができました。

そんな娘に外語大の本試験対策にオススメの問題集を教えてもらいました。
世界史Bでは、Z会の一問一答です。

娘は高校1年生の冬から2年生の12月初旬まで都立高校の留学プログラムでオーストラリアの高校に行っていたため、世界史の勉強を始めたのは、日本に戻ってきた高2の冬からでした。この問題集で、効率よく学べたようです。

あとは山川出版の世界史の教科書と資料、そして過去問を中心に勉強したそうです。

次は英語です。

語法・文法はこちらで勉強していました。学校で配布されていたのですが、とても良かったそうです。

長文読解対策としては↓こちらです。

早慶、上智対応の問題集ですが、難しい言い回しなどに慣れるために解いていたとのことです。

英作文の基本は↓こちらで勉強したそうです。

↓英語の穴埋め問題(主に文法)は慶応商学部の過去問、第五問目が対策となったそうです。

↓英文和訳問題の対策としては、駿台の英文和訳演習上級編です。

こちらはとても難しかったようです。

以上、オススメ問題集でした。

               📚

世界史の論述問題や、英語の英語記述問題(リスニングとの組み合わせ問題)の対策については、また改めてご紹介します。

-受験全般
-, , ,

Copyright© 難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.