子供2人難関国立大に合格🌸の親がその手法を伝授します

難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ

大学受験

大学受験にかかった費用

更新日:

こんばんは。
今日は大学の試験や入学金、授業料にかかっている費用についてお話します。

息子の受験にかかったお金です。

【息子・高校3年の時の受験】
・センター試験 18,000円
・中央大学と東京工業大学前期と電気通信大学大学後期の試験料
        約70,000円
塾は通っていませんでした。問題集は色々買っていました。


中央大学理工学部は合格していましたが、
国立志望のため、入学金は払わずスルーでした。
東工大が落ちた時点で、浪人することを決めたので、
電通大は受けませんでした。

【息子・浪人生の時】
・駿台東工大クラス  1年間授業料70万円
・駿台夏期講習や冬期講習、直前講習 40万円

・センター試験    約18,000円
・入学試験料(中大、理科大、東工大前期、電通大後期)約10万円
・理科大の入学金   30万円(国立不合格の場合のために支払い)

この時に、東工大に合格しました。
もし不合格なら、後期日程で電通大を受験する予定でした。

【東京工業大学の初年度の費用】

・入学金       28万円
・授業料      約64万円(他の国立大より10万高い)
・OB会費、大学生協、初年度の教科書代、など  10万円
・ノートPC各自1台 数年前に購入していたものを使う
・その他、電車の通学定期代などかかります


次に、娘の受験にかかった費用です。

【娘・高校3年生の時】
・センター試験料   約18,000円
・入学試験料     約21万円
 ※内訳
 津田塾大学、センター受験と一般受験(3科目) 5万円
 法政大学、センター受験と一般受験       約5万円
 中央大学国際経営B、センター受験と一般受験   3万5千円
 中央大学総合政策、センター受験と一般受験   3万5千円
 東京外国語大学前期、東京外国語大学後期    3万4千円
・中央大の入学金    24万円(国立不合格の場合のために支払い)

前期の外語大試験に合格しました。
塾には通っていませんでした。

【東京外国語大学の初年度費用】

・入学金   28万円
・授業料   約54万円(2回に分けて支払い)
・OB会費、大学生協、教科書代など 約15万円
・ノートPC  約10万円

うちの子供たちの場合、浪人を避けるためには、
私立大の入学金の支払いが必要でした。

私立大学によっては、国立大学前期日程の合格発表まで、
その私立大の授業料支払いを待ってくれないところもあるので、
事前に調べておくとよいです。

授業料だけを見ていると、国立大は私立の半分以下です。
ご参考になれば幸いです。

それではまた!

-大学受験
-, , , , , , , ,

Copyright© 難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.