子供2人難関国立大に合格🌸の親がその手法を伝授します

難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ

大学受験

大学の入試案内をチェックしよう

更新日:

娘の通う東京外国語大学・国際社会学部では、願書出す時点では、希望の地域と希望の言語を選択して受験し、入学すると、その選択した言語を第1言語として2年間集中的に勉強します。

2年生からのゼミ(研究室)の選択が始まりますが、受験の時に選択した言語とは関係なく、履修した授業にも寄るのですが、すべてのゼミから選ぶことができます。

例えば、ロシア語を選択して合格して入学した人も、インドネシア語の人も皆等しく、幅広く細かく分かれた研究室を選んで勉強することができます。

私はよくわかってなくて、国際社会学部は、受験時に選択した地域や言語で4年間勉強し続けるのかと勘違いしていました。でも違うのですね✨

各大学の入試案内がホームページで2021年度版に更新されているかと思います。

各大学とも、入試情報がとっても複雑なので、国立大学、私立大学とも、難関大学ならぜひ早めにチェックしておきたいものです。

私たち親が各大学の細かい入試情報をまとめてエクセルで表を作ったりして子供たちの手助けできたなあ、と思います。

例えば、中央大学で見てみます。息子も娘も出願して受験もしましたので、懐かしいです。

入試方式がいろいろあります。統一入試、一般入試、英語外部検定試験利用入試、大学入学共通テスト利用入試の併用方式と単独方式があります。

例えばですが、統一入試とは、1回の試験で複数の学部・学科に出願ができる、というものです。そんな便利なものがあるのね✨と思っても、募集人数を調べると、一般入試に比べてとても少なくて、めっちゃ優秀な人しか受からないのかも?と思ってしまいます💦それに、他の私立大学の試験日と重なっているかどうかもチェックしなければなりません。

ちなみに、娘は中央大学の国際経営学部(当時は国際経営Bという名前)と総合政策学部を受験しました。どちらも一般入試と大学入学共通テスト・利用入試の単独方式(当時はセンター方式と言ってました)の2つの方式で受験しました。なのでチャンスはそれぞれの学部で2回、ということになります。

上智大学も「TEAPスコア利用型」という入試方式があり、英語が得意な受験生には有利かもしれません。こちらも事前によく読んでおくと準備万端で受けられるかもしれません。

どんな学部があってどんな勉強をするのか、その学部に入るとどこのキャンパスに通うことになるのか、などなど何でも調べてメモしておくと良いと思います。

               ✏️

国立大受験の場合はすでに高2の終わり頃から、必要な共通テストの科目はすでに調べているかもしれません。

ほとんどの国立大学は共通テストは5教科7科目受験です。数学外語大・前期は4教科5科目か5教科5科目で受験できますし、東京都立大学の一部の学部でも少なめ科目で受験できるところがあります。

共通テストの科目を減らしたい場合は調べてみる価値があります。

「大学受験案内2021年度用」です。

私はインターネットで各大学のホームページで調べましたが、このような一覧本もあるのですね。

-大学受験
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.