子供2人難関国立大に合格🌸の親がその手法を伝授します

難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ

大学受験

どうして東工大を目指したのか?

投稿日:

息子が入学した東工大ですが、今はリモートで授業をしています。今のところ8月いっぱいまでの予定となっています。

息子の部屋にはクーラーがなくて、暑い日はクーラーのあるリビングにパソコン💻持ってきて授業を受けてる息子です。

リモート授業では開催する先生も学生もまだ不慣れなのか色々起こるらしいです。ある生徒がマイクオフにしないで授業を受けていて(基本、授業を受けてる側はマイクオフだそうです)、そのお家のお母さんが「クソ暑いんだよ」と大きな声で言ってるのが聞こえてきたことがあったらしいです。講義をしていた先生が一瞬黙ってたみたいです笑笑

息子、娘の大学受験で、受験する大学をどこにしようかと決めるときのことを振り返ってみました。

やりたいこと・惹かれることに思いを馳せつつ、行きたい大学を見つけていけるといいな、と思いました。

息子は中学生の頃から環境問題に興味があり、途中、大学で次世代エネルギーの研究をしている先輩のお話を聞いたことがきっかけとなって、地球環境問題を解決できるエネルギーを開発したい、と思ったことがありました。

その頃に、新しいエネルギーの開発を研究している研究室が東工大にあるよ、と教えてくれた人がいて、そのことがきっかけとなり、漠然と東工大への憧れ的なものができたようでした。それが中1の夏頃です。

あれから約6年半かけて東工大合格にたどり着いたのですが、途中は「自分は本当に環境問題をやりたいのかなあ」「本当に自分て何がやりたいんだろう?分からなくなってきた」「エネルギー開発なんて自分には無理でしょう」と心が何度も揺れていました。

そのたびに、あまり時間もないので、いろんな大学のホームページのさまざまな学部を見ながら選び直しをしてきました。

その中でも、東工大の第六類(環境社会理工学院)の融合理工学のホームページを見ると、楽しそうでワクワクとしていました。そこに載っている学部長の言葉にも惹かれて、それを見るたびに、やっぱりここに行きたいんだね、と話していました。

そして今は息子は環境社会理工学院で勉強しています。

これからも迷うこともあるかもですが、、
迷ったり、揺れたりしながら、やりたい研究、行きたい学部や大学を探して行く作業は今となっては無駄ではなかったなあと思います。

-大学受験
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 難関大学合格へ!大学受験生の親向け🐨コアラママのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.